セッション会場一覧

     
セッション

時間
国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 4階
第1会場 第2会場 第3会場 第4会場 第5会場第6会場
401室 402室 403室 405室 409室 416室
第1セッション
9:15-10:45
材料1 環境1
第2セッション
11:00-12:30
防災1 材料3 材料2 環境2 研究委員会活動報告セッション
昼休み
12:30-13:15
昼休み

第3セッション
13:15-14:45

防災2 防災4 材料4 構造1 その他1 パネルディスカッション1
第4セッション
15:00-16:30
防災3 防災5 材料5 構造2 その他2 パネルディスカッション2
17:15-19:15 意見交換会(カルチャー棟 2階「レストランとき」)
国立オリンピック記念青少年総合センター内

プログラム一覧(PDF)

「参加者のしおり(PDF)」をダウンロードする場合はこちら。(連名者はしおりに記載しております)
一般セッションでの口頭発表者の方へ:  発表方法についてはこちらをご確認下さい。

【研究委員会活動報告セッション】地盤工学会関東支部・研究委員会の活動報告

第5会場(国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 4階 409室)11:00~12:30
 地盤工学会関東支部研究委員会グループでは、活動中の研究委員会主催でディスカッションセッションを毎年開催してきました。第7回大会から装いを新たに「研究委員会活動報告セッション」として現在活動中の研究委員会に活動内容等の報告をしていただきます。皆様のご参加をお待ちしています。
プログラム

1. 挨拶 (座長:研究委員会グループ リーダー幹事(渡邉康司【(株)大林組】)

2. 研究委員会グループ紹介 (渡邉康司【(株)大林組】)

3. 成果普及活動委員会(活動を終了した研究委員会)からの活動報告
・ 極大地震時における表層地盤の強い非線形現象とその影響に関する研究委員
  会
 (副委員長:塩見忠彦【㈱マインド】)
・ 地盤情報を活用した首都直下型地震への対策検討委員会
 (幹事:清木隆文【宇都宮大学】 )

4. 現在活動中の研究委員会からの活動報告
・ 歴史遺産の地盤工学研究に関する研究委員会
 (委員長:太田秀樹【中央大学】)
・ 土構造物の要求性能の実現を目指した盛土締固め管理の合理化に関する研究
  委員会
 (委員長:龍岡文夫【東京理科大学】)
・ 自然災害に対する安全性指標(GNS)の開発とその利活用に関する研究委員会
 (委員長:伊藤和也【東京都市大学】)
・ 新設杭に干渉する既存杭の撤去に関する研究委員会
 (委員長:桑原文夫【パイルフォーラム㈱】)
・ 地盤情報を活用した首都直下型地震に対する宅地防災検討委員会
 (委員長:清木隆文【宇都宮大学】)




PAGE TOP

【特別企画】パネルディスカッション1 『基準の改定とその留意点』

第6会場(国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 4階 416室)13:15~14:45
 GeoKanto2018では,パネルディスカッションを2テーマ企画いたしました。
【パネルディスカッション1】では、吉田望氏がコーディオネーターをされ、2017年11月に改訂された道路橋示方書、2018年4月に改訂された港湾基準の特に基礎構造・地盤の部分に着目して,改訂の背景やポイント等を基準改訂に携われた方々、実務で使う方々をそれぞれパネリストに招き、ディスカッションを行います。
興味のある方の参加をお待ちしております
プログラム

【パネルディスカッション 1】 ▶詳細    
    テーマ:『基準の改定とその留意点』
    コーディネーター:吉田 望(関東学院大学)
    パネリスト:道路橋示方書:
              宮原 史(国土技術政策総合研究所) ▶詳細
              金 聲漢 (㈱エイト日本技術開発)  ▶詳細
           港湾基準:
              竹信 正寛(国土技術政策総合研究所) ▶詳細
              石本 健治(㈱エコー) ▶詳細



PAGE TOP

【特別企画】パネルディスカッション2『住宅地盤トラブルにおける法制度と地盤品質判定士の役割』

第6会場(国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 4階 416室)15:00~16:30 GeoKanto2018では,パネルディスカッションを2テーマ企画いたしました。
【パネルディスカッション2】では、中村裕昭氏がコーディオネーターをされ、近年その役割の重要性が注目されている地盤品質判定士の制度について、地盤技術者の社会貢献(例えば住宅基礎地盤・造成宅地・学校の安全・裁判・法制度他)について裁判官・弁護士・地盤品質判定士の方々をパネリストに招いてディスカッションを行います。
興味のある方の参加をお待ちしております。

【パネルディスカッション 2】
テーマ:『住宅地盤トラブルにおける法制度と地盤品質判定士の役割』▶詳細
コーディネーター:中村裕昭(地盤工学会 会員・支部部 地盤品質判定士WG
           リーダー/地域環境研究所) ▶詳細
パネリスト :石村 智 (判事:東京地方裁判所民事第22部)
     ▶詳細
       齋藤雅弘(弁護士:四谷の森法律事務所)
     ▶詳細
       尾上 篤生(地盤品質判定士:地盤品質判定士会幹事会技
       術委員長・長岡工専・興亜開発)
     ▶詳細


PAGE TOP


【一般発表】防災1(液状化判定・評価)

第1会場(センター棟 4階 401室)11:00~12:30

 座長:橋本隆雄【国士舘大学】


論文
番号
  論文題目  発表者  所属

防災
1-1

 SWS試験による小貝川河川堤防のすべり破壊の調査

 中務 勝等

 東京理科大学大学院

防災
1-2

 利根川三和河川堤防のすべり崩壊におけるサンプリング併用型SWS試験の有用性の検討

 黒阪 直生

 東京理科大学大学院

防災
1-3

 人工的にセメンテーションを与えた砂の液状化抵抗と初期せん断弾性係数

 齊藤 拓実

 東京理科大学

防災
1-4

 小ひずみの非排水繰返しせん断履歴による液状化抵抗の変化

 木下 慶三

 東京理科大学大学院

防災
1-5

 前橋市小島田清水尻遺跡で発見された液状化噴砂の液状化特性

 酒井 宏豪

 群馬大学

防災
1-6

 細粒分の異なる砂質土の液状化強度とせん断弾性係数に及ぼす過圧密履歴の影響

 根布谷 有美

 東京理科大学大学院

防災
1-7

 細粒分を多く含む地盤の液状化抵抗と初期せん断弾性係数の推定法

 前田 将希

 東京理科大学大学院

防災
1-8

 前橋泥流堆積物の固結について考慮したN値による補正方法の検討

 濱田 凌人

 群馬大学


PAGE TOP


【一般発表】防災2(地震動)

第1会場(センター棟 4階 401室)13:15~14:45

 座長:菊本 統 【横浜国立大学】

 
論文
番号
  論文題目  発表者  所属

防災
2-1

 大規模地震時における火山灰質粘性土地盤の不安定性簡易評価

 鹿住 大輔

 茨城大学

防災
2-2

 粘性土の繰返し軟化を関連づける損傷パラメータ:過剰間隙水圧か?両振幅ひずみか?

 安原 一哉

 茨城大学 ICAS

防災
2-3

 水平・鉛直二次元振動台の導入と盛土の加振実験

 篠田 昌弘

 防衛大学校

防災
2-4

 浄化槽に作用する地震時土圧に関する一検討

 浦野 和彦

 安藤ハザマ

防災
2-5

 電子地盤モデルのメッシュサイズの違いによる北千住地区の地震応答の特徴

 小宮 聖子

 東京電機大学大学院

防災
2-6

 断層運動による地震動の再現の試み

 程 伝涛

 宇都宮大学大学院

防災
2-7

 谷底低地における地震動の周期特性が地表面応答に与える影響

 原 千明

 東京電機大学大学院

防災
2-8

 横手盆地東縁断層帯,金沢断層付近の断層露頭に関する考察

 細矢 卓志

 中央開発(株)



PAGE TOP


【一般発表】防災3(液状化対策 他)

第1会場(センター棟 4階 401室)15:00~16:30

 座長:石川 敬祐 【東京電機大学】

スポンサー企業・協会による技術紹介  
講演番号 技術紹介題目 企業・協会名
技術紹介1 三信建設工業株式会社の地盤処理技術(液状化対策工法) 三信建設工業(株)



論文
番号
  論文題目  発表者  所属

防災
3-1

 2016年熊本地震による近見地区のアンケート調査による液状化被害分析

 橋本 隆雄

 国士舘大学

防災
3-2

 液状化対策としてのGCP工法の戸建て住宅への適用性に関する研究

 NGUYEN DINH DAT

 基礎地盤コンサルタンツ(株)

防災
3-3

 不飽和化工法における飽和度が不均質な地盤による液状化発生の解析的検証

 牧野 祥太

 茨城大学大学院

防災
3-4

 液状化層の深度を考慮した格子状改良工法単独および排水工法との併用時における格子壁の応力状態に関する検討

 安田 智

 群馬大学

防災
3-5

 細粒分を含む砂質地盤への極超微粒子セメントの室内三次元浸透固化試験

 王 サイ

 東京理科大学大学院

防災
3-6

 直接基礎構造物の液状化挙動とその対策方法に関する研究 ~Ca(OH)2 と SiO2 を混合した注入材を用いた改良体による液状化抑制効果~

 高徳 亮太

 東京都市大学

防災
3-7

 構造物境界におけるバラスト軌道の座屈複合リスクとその対策

 高橋 龍太朗

 横浜国立大学大学院

防災
3-8

 CNFを添加した薬液固結砂の強度特性および針貫入試験による強度推定について

 中野 陽介

 早稲田大学



PAGE TOP


【一般発表】防災4(斜面崩壊)

第2会場(センター棟 4階 402室)13:15~14:45

 座長:後藤 聡 【山梨大学】

スポンサー企業・協会による技術紹介  
講演番号 技術紹介題目 企業・協会名
技術紹介2 地盤防災・減災のトータルサポート ~感太郎・観測王~ 中央開発(株)


論文
番号
  論文題目  発表者  所属

防災
4-1

 集水井の排水流量が地震地すべりに与える影響に関する解析検討

 内田 隼人

 群馬大学

防災
4-2

 平成28年熊本地震による高野台地区での地すべりの解析的検討

 坂東 直哉

 群馬大学

防災
4-3

 自然斜面の土壌水分状態に関するタンクモデル法による解析値と土壌水分計による実測値の比較検討

 DU NI

 早稲田大学

防災
4-4

 小型遠心模型実験装置に用いる遠心場降雨発生システムの開発

 友岡 亮太朗

 東京都市大学

防災
4-5

 斜面表層の傾斜の経時データに基づく表層すべりの発生予測

 謝 済仁

 東京大学

防災
4-6

 多重せん断土槽で再現した斜面表層崩壊の予兆変形の進み方

 福原 誠

 埼玉大学

防災
4-7

 地震動履歴や降雨浸水が砂質土の一面せん断強さに及ぼす影響

 田中 裕也

 東京理科大学大学院

防災
4-8

 降雨浸透する土壌水移動と排水効果に関するカラム実験

 藤原 夏美

 東京都市大学



PAGE TOP


【一般発表】防災5(斜面対策・河川防災 他)

第2会場(センター棟 4階 402室)15:00~16:30

 座長:平岡 伸隆 【労働安全衛生総合研究所】

スポンサー企業・協会による技術紹介  
講演番号 技術紹介題目 企業・協会名
技術紹介3 河川堤防の安全を監視するための光ファイバー計測技術 アサノ大成基礎エンジニアリング(株)


論文
番号
  論文題目  発表者  所属

防災
5-1

 混合粒径材料の河川侵食・堆積作用に関する模型実験

 山崎 隼多

 筑波大学

防災
5-2

 透明盛土を用いた堤防の基礎地盤におけるパイピングの進展に関する実験的研究

 野田 章太

 東京工業大学

防災
5-3

 岩盤の変動状況から安定性を評価するための小型模擬岩盤斜面の作製

 北爪 敦司

 群馬大学

防災
5-4

 宇都宮市の地盤構成可視化による安全性検討の試み

 青柳 淳耶

 宇都宮大学

防災
5-5

 土の締固め度と草本根系の成長・伸長および根系による土の補強効果

 池谷 真希

 東海大学大学院

防災
5-6

 繊維補強されたセグメント模型に対する単体曲げ試験

 石川 雄雅

 東京都市大学

防災
5-7

 グラウンドアンカーの緊張力分布と法面健全性の関係に関する検討

 藤原 優

 (株)高速道路総合技術研究所

防災
5-8

 除荷による模型斜面の破壊機構に及ぼすアーチ作用の影響

 近藤 綾太

 日本大学大学院



PAGE TOP


【一般発表】材料1(砂質土の力学特性・液状化)

第3会場(センター棟 4階 403室)9:15~10:45

 座長:兵動 太一 【富山県立大学】

論文
番号
  論文題目  発表者  所属

材料
1-1

 GSサンプラーによる採取試料の液状化強度

 岩下 智哉

 応用地質(株)

材料
1-2

 阿蘇カルデラの湖成堆積物の液状化後の変形特性

 野村 勇斗

 東京電機大学大学院

材料
1-3

 繰返し過圧密履歴を受けた浦安砂の液状化強度特性

 金井 勇介

 東京電機大学大学院

材料
1-4

 粒度分布の異なる飯豊珪砂の非排水せん断特性

 山村 彩恵

 首都大学東京

材料
1-5

 砂の粒子破砕が定常状態線の傾きに与える影響

 水野 光揮

 首都大学東京大学院

材料
1-6

 粒子破砕による粒子形状変化のX線CT観察

 佐久間 秋津

 筑波大学

材料
1-7

 定圧一面せん断試験による圧縮性の大きな砂の定常状態の評価

 横倉 恵美

 首都大学東京

材料
1-8

 細粒分を多く含む砂の最大密度

 林 健太郎

 五洋建設(株)



PAGE TOP


【一般発表】材料2(補強土・地盤改良)

第3会場(センター棟 4階 403室)11:00~12:30

 座長:鎌尾 彰司 【日本大学】

論文
番号
  論文題目  発表者  所属

材料
2-1

 砕石を使用した地盤の補強に関する模型実験

 狩野 陸人

 東京都市大学

材料
2-2

 砂質土地盤における先端拡大型補強材の加圧注入効果

 和田 明恵

 大日本土木(株)

材料
2-3

 SiO2とCa(OH)2を混合した注入材の養生条件が一軸圧縮強度および浸透性に与える影響

 上村 健太郎

 東京都市大学大学院

材料
2-4

 現地土を用いた薬液改良体の非排水繰返しせん断特性

 秋本 哲平

 五洋建設(株)

材料
2-5

 現場試料を用いた一次元注入実験における薬液のゲルタイムとpHの関係

 中村 亮太

 東京都市大学

材料
2-6

 ジオセル補強地盤の補強効果に及ぼす壁面摩擦の影響

 谷口 成樹

 日本大学大学院

材料
2-7

 面状不織布を混合した地盤材料の力学特性

 高木 和哉

 日本大学

材料
2-8

 関東ロームを用いた短繊維混合補強土の強度特性に及ぼす繰返し載荷の影響

 矢谷 卓巳

 日本大学大学院



PAGE TOP


【一般発表】材料3(特殊材料)

第2会場(センター棟 4階 402室)11:00~12:30

 座長:松島 亘志【筑波大学】

論文
番号
  論文題目  発表者  所属

材料
3-1

 富士山周辺で採取したスコリアの一面せん断特性に関する研究

 石川 卓人

 山梨大学

材料
3-2

 三軸試験による細粒化バラストの変形特性に関する基礎的検討

 安竹 洸治

 横浜国立大学大学院

材料
3-3

 模型実験に用いるメタンハイドレートの代替材料の検討

 北村 公識

 東京海洋大学

材料
3-4

 乱れた関東ロームが一軸圧縮強さおよび微視的構造に及ぼす影響

 岡田 貴行

 日本大学大学院

材料
3-5

 乱れの状態を考慮した関東ロームの一軸圧縮強さおよびCBR

 大山 祥生

 日本大学

材料
3-6

 相対密度を一定とした破砕貝殻の三軸圧縮挙動に及ぼす最大粒径の影響

 森崎 亮太

 茨城大学

材料
3-7

 廃棄物地盤の物理及び力学特性の一事例
 遠藤 義宏  中央開発(株)

材料
3-8

 原位置及び室内で実施した大型一面せん断試験による阿蘇山高岳におけるクロボクの一面せん断特性
 MAI XUAN DUNG  山梨大学大学院


PAGE TOP


【一般発表】材料4(圧密・地盤変形)

第3会場(センター棟 4階 403室)13:15~14:45

 座長:伊藤 和也 【東京都市大学】

スポンサー企業・協会による技術紹介  
講演番号 技術紹介題目   企業・協会名
技術紹介4 プラスチックドレーンを用いた環境に優しい地盤改良工法の紹介   ジオドレーン協会


論文
番号
  論文題目  発表者  所属

材料
4-1

 ベトナム国における真空圧密工法の適用例

 中村 出

 日建設計シビル

材料
4-2

 異方圧密粘土の二次圧密挙動に及ぼす側圧増加の影響

 吉富 隆弘

 東海大学大学院

材料
4-3

 二次圧密の初期速度に関する仮定とアイソタック法

 飯沼 孝一

 (株)オオバ

材料
4-4

 ドレーンを打設した粘土地盤の圧密度に関する理論的考察

 新舎 博

 五洋建設(株)

材料
4-5

 有限要素法解析を用いた近接施工における地下鉄開削トンネルの変状評価

 戸髙 龍之介

 早稲田大学

材料
4-6

 PIVを用いたアルミ棒積層体地盤における基礎の支持力実験に関する大変形解析

 舩橋 知希

 早稲田大学

材料
4-7

 複数の弱面をもつ異方性材料のモールクーロン基準

 富谷 祐介

 首都大学東京



PAGE TOP


【一般発表】材料5(地盤改良)

第3会場(センター棟 4階 403室)15:00~16:30

 座長:早野 公敏 【横浜国立大学】

スポンサー企業・協会による技術紹介      
講演番号 技術紹介題目 企業・協会名
技術紹介5 CI-CMC 工法(CI-CMC 工法・CI-CMC-HA 工法)の紹介 CI-CMC工法協会


論文
番号
  論文題目  発表者  所属

材料
5-1

 セメント系改良土の固化遅延に関する研究

 大石 侑奈

 東京都市大学

材料
5-2

 固化改良底泥土(砕・転圧盛土工法)における砕・転圧土と初期固化土の強度変換

 北島 明

 (株)フジタ

材料
5-3

 球体落下試験による固化改良土(砕・転圧盛土工法)の現場強度推定原理

 福島 伸二

 (株)フジタ

材料
5-4

 二軸強制練りミキサを使用した固化処理土ブロックの製造実験

 松本 歩

 五洋建設(株)

材料
5-5

 気泡ソイルセメント安定液を用いた地中連続壁工法の排泥量について

 川上 開誠

 早稲田大学

材料
5-6

 柱状地盤改良工法の効率的な攪拌工法の検討

 桑原 要

 東京都市大学

材料
5-7

 若材齢における極超微粒子セメント固結砂の動的変形特性に及ぼす水セメント比の影響

 兵動 太一

 富山県立大学

材料
5-8

 中層混合処理工法の近接施工に伴う供用中鉄道施設の影響調査

 島野 嵐

 三信建設工業(株)



PAGE TOP


【一般発表】環境1(廃棄物)

第4会場(センター棟 4階 405室)9:15~10:45

 座長:斎藤 健志 【埼玉大学】

論文
番号
  論文題目  発表者  所属

環境
1-1

 LAT-PIV実験による粒状材料中の流体透過挙動の解析

 張 亦承

 筑波大学

環境
1-2

 海面廃棄物処分場に貫通する杭の先端の廃棄物連込み挙動の検討

 野村理樹

 東京理科大学大学院

環境
1-3

 破砕貝殻を用いたキャピラリーバリア地盤の長期毛管上昇遮断効果に関する実験的研究

 松浦 慶弥

 茨城大学大学院

環境
1-4

 産業廃棄物最終処分場で生じるカルシウムスケール抑制のための材料のカルシウム吸着特性評価

 高橋 智也

 早稲田大学

環境
1-5

 廃棄物最終処分場廃止措置時の浸出水のpH低下に関する簡易カラム実験

 安部 加奈子

 茨城大学

環境
1-6

 産業廃棄物中の遊離Caを活用したCO₂固定化に最適な試料の選定および今後の研究計画

 内田 周作

 早稲田大学

環境
1-7

 超小型変水位透水試験装置を用いたベントナイト系材料の透水係数の再現性の確認と今後の研究計画

 貞松 暁大

 早稲田大学

環境
1-8

 人工海水を用いたベントナイトの液性限界・塑性限界

 佐々木 雄亮

 早稲田大学



PAGE TOP


【一般発表】環境2(リサイクル・地下水 他)

第4会場(センター棟 4階 405室)11:00~12:30

 座長:小峯 秀雄 【早稲田大学】

論文
番号
  論文題目  発表者  所属

環境
2-1

 各種焼却灰を用いた汚泥懸濁液の凝集沈降特性

 三村 裕美

 早稲田大学

環境
2-2

 固化系材料を混合した転炉系製鋼スラグの一軸圧縮特性

 吉川 友孝

 東京理科大学大学院

環境
2-3

 砂と転炉系製鋼スラグを混合した固化地盤材料の一軸圧縮試験時の変形係数

 柿原 結香

 東京理科大学大学院

環境
2-4

 敷設中のジオシンセティッククレイライナーへの降雨の影響

 熊谷 浩二

 ジオメンブレンクラブ

環境
2-5

 凝集剤を添加した高含水比浚渫土砂の低応力下における圧密実験

 谷戸 祐一

 若築建設(株)

環境
2-6

 堤防決壊による大規模浸水後の冠水井戸の水質調査結果の比較~平成27年9月関東・東北豪雨および平成30年7月豪雨を対象として~

 藤田 真理子

 茨城大学

環境
2-7

 混合攪拌および注入方式による高吸水性ポリマー改良土の遮水性の検討

 小池 拓生

 早稲田大学



PAGE TOP


【一般発表】構造1(締固め・支持力 他)

第4会場(センター棟 4階 405室)13:15~14:45

 座長:山中 光一 【日本大学】

スポンサー企業・協会による技術紹介  
講演番号 技術紹介題目 企業・協会名
技術紹介6 業界トップシェア企業が見据える業界の今後 三谷セキサン(株)


論文
番号
  論文題目  発表者  所属

構造
1-1

 既設橋台の耐震補強に関する振動台実験の再現解析

 白 可

 五洋建設(株)

構造
1-2

 大谷地下採石場の残柱モデルによる構造安定性の検討

 BUI HUY THANH

 宇都宮大学

構造
1-3

 屈折率マッチング技術を用いたジオグリッド敷設地盤の支持力特性に関する研究

 関 健太

 東京都市大学

構造
1-4

 Bearing capacity of post grouted shaft in clay

 李 盛雷

 筑波大学

構造
1-5

 バライト砕石の締固め試験に基づく放射線遮蔽性能の推察

 関本 貴斗

 早稲田大学

構造
1-6

 Ca型ベントナイト混合土の試料調整方法と締固め特性の相関評価

 崎田 知紀

 早稲田大学

構造
1-7

 盛土の締固め状態の測定・規定・管理と設計との関連の枠組み

 龍岡 文夫

 東京理科大学

構造
1-8

 Walker-Haltzの礫率補正法の実験的検討

 井原 壮

 東京理科大学大学院



PAGE TOP


【一般発表】構造2(杭)

第4会場(センター棟 4階 405室)15:00~16:30

 座長:西岡 英俊 【鉄道総合技術研究所】

スポンサー企業・協会による技術紹介  
講演番号 技術紹介題目 企業・協会名
技術紹介7 旭化成建材 製品・工法紹介 旭化成建材(株)


論文
番号
  論文題目  発表者  所属

構造
2-1

 幾何学的非線形性を考慮した場所打ち拡底杭の引抜き支持機構(その1 実験概要)

 平井 卓海

 清水建設(株)

構造
2-2

 幾何学的非線形性を考慮した場所打ち拡底杭の引抜き支持機構(その2 数値解析)

 桐山 貴俊

 清水建設(株)

構造
2-3

 スパイラルパイルの支持力特性

 柴野 勝弘

 東京都市大学

構造
2-4

 本設杭として利用するソイルセメント柱列壁に対する実大水平載荷試験

 冨安 祐貴

 (株)大林組

構造
2-5

 小型模型実験によるテーパー杭と直杭の押込み抵抗と引抜き抵抗の比較

 荻野 幹久

 東京都市大学

構造
2-6

 透明地盤を用いた開端杭貫入時における地盤挙動の可視化実験

 花上 遼太

 東京都市大学

構造
2-7

 模型杭貫入実験における土槽径と杭径が開端杭の閉塞現象に及ぼす影響

 山崎 弘芳

 東京理科大学大学院

構造
2-8

 鋼杭補強防波堤に用いられる杭に作用する外力分布に及ぼす裏込め形状の影響

 毛利 惇士

 東京理科大学大学院



PAGE TOP


【一般発表】その他1(各種計測・劣化予測 他)

第5会場(センター棟 4階 409室)13:15~14:45

 座長:永尾 浩一 【佐藤工業】

スポンサー企業・協会による技術紹介  
講演番号 技術紹介題目 企業・協会名
技術紹介8 干渉SARを利用した道路土構造物の変状調査方法 基礎地盤コンサルタンツ(株)


論文
番号
  論文題目  発表者  所属

その他
1-1

 中位の粘性土地盤のシールド工事における設計時土圧について

 足立 賀奈子

 早稲田大学

その他
1-2

 放射線遮蔽性能を有する超重泥水の長期的な材料分離特性の電気探査技術を用いた評価に向けた実験的研究

 恒川 直輝

 早稲田大学

その他
1-3

 気象変化に伴う騒音・振動測定

 草野 信人

 中央開発(株)

その他
1-4

 センサネットワークとAIによる近未来防災システムの可能性

 齋藤 修

 茨城大学

その他
1-5

 揚鉱・沈降実験における鉱石モデルの管内移動の計測に用いるRFIDシステムの検討

 折田 清隆

 東京海洋大学

その他
1-6

 地下鉄トンネル検査データに基づく劣化予測手法の統計学的検証

 酒井 亮太

 早稲田大学

その他
1-7

 経年劣化を考慮した滑走路のわだち掘れ予測

 西島 朋留莉

 東京都市大学

その他
1-8

 大谷石表面の色調変化防止のための検討

 榎木 康佑

 宇都宮大学



PAGE TOP


【一般発表】その他2(地盤調査・測定)

第5会場(センター棟 4階 409室)15:00~16:30

 座長:清木 隆文 【宇都宮大学】

スポンサー企業・協会による技術紹介  
講演番号 技術紹介題目 企業・協会名
技術紹介9 電気式コーン貫入試験(CPTU)を用いた調査技術の紹介 CPT技術協会


論文
番号
  論文題目  発表者  所属

その他
2-1

 バイブロ・サンプリング兼コーン貫入試験方法の貫入性と試料採取性に係る基礎的な検討

 林 史泰

 東京海洋大学

その他
2-2

 電気式コーン貫入試験の斜め下方貫入に関する研究(その9:土の単位体積重量の推定)

 小野 篤

 (株)日さく

その他
2-3

 電気式コーン貫入試験の斜め下方貫入に関する研究(その10:力学試験から求めたコーン係数について)

 栗原 朋之

 中央開発(株)

その他
2-4

 動的三成分コーン試験による盛土内の先端抵抗測定事例

 堺谷 常廣

 東亜建設工業(株)

その他
2-5

 小型動的貫入試験のハンマー打撃時における荷重沈下関係

 山崎 誓也

 東京都市大学大学院

その他
2-6

 ベントナイトペレットを対象とした3Dスキャナーを用いた密度測定に関する検討
 齋藤  亮

 清水建設(株)

その他
2-7

 2次元画像を用いた砂粒子形状の簡易で定量的な測定方法
 汪 清夢  首都大学東京


PAGE TOP


Copyright (C) Kanto Branch of The Japanese Geotecnical Society. All Rights Reserved.