関東支部委員会「極大地震時における表層地盤の強い非線形現象とその影響に関する研究委員会」の終了とシンポジウム開催のご案内

主催:地盤工学会関東支部 極大地震時における表層地盤の
強い非線形現象とその影響に関する研究委員会

 関東支部では平成27年度から3年間にわたり上記研究委員会(委員長 浅岡 顕)を立ち上げ、強震時の表層地盤の強い非線形現象(表層滑りと流動、表層でのせん断帯/地震断層の生成、液状化など)を中心に置きながらも、地盤改良工法の耐震効果の計量から、入力地震動の各種の推定手法まで、多面的に検討してきました(5月号会告参照)。この委員会の成果広報を兼ねて、下記のとおりシンポジウムを開催いたします。
 論文募集は、研究委員会メンバーからの論文報告以外に、関東支部のみならず全国の会員ならびに非会員諸氏からの新しい論文投稿と、活発な当日Discussionを歓迎しています。シンポジウム参加の希望者は下記の関東支部までお申し込みください。多数の皆様のご参加をお待ちしています。

【日 時】
 2018年8月10日(金) 9:30から17:00(予定)
【場 所】
 地盤工学会 地下大会議室 (住所:〒112-0011 東京都文京区千石4-38-2)
【参加費】
 学生会員:2,000円、会員:3,000円、非会員:4,000円
 (論文投稿者と聴講参加者は一律料金となります)
【定 員】
 80名(定員になり次第参加締め切りをいたしますが、論文集DVD申し込みは7月27日(金曜日)まで受け付けいたします。)
【論文投稿締切】
 2018年7月27日(金)
【論文体裁】
 地盤工学ジャーナルに準じ、偶数ページ(2ページ以上最大10ページ)。
【連絡事項】
 シンポジウム当日は論文集のDVDを配布いたします。また事前に投稿者、参加者には関東支部のホームページを通して論文をダウンロードできるようにもいたします。
発表時間やプログラム等は8月初旬に関東支部ホームページでご連絡いたします。
 論文投稿者、聴講参加者は左記「参加申込フォーム」から必ずお申込みをお願いいたします。
【問合せ先】
 地盤工学会関東支部 極大地震時における表層地盤の強い非線形現象
 とその影響に関する研究委員会係
 TEL:03-3946-8670 FAX:03-3946-8699
 E-mail: kyokudai@jiban.or.jp